VictoryCross

鈴鹿ポイントゲッターズ(JFL)のサポーターブログです。

月成には満月が良く似合う

みなさんこんばんは。

 

このブログは,月成の退団発表後から書き始めて,やっと完成しました。

今夜は新月なので,あまりふさわしくないですが,月成の事を書こうと思います。

 

少し前に月成の引退が発表されました。

月成 大輝選手 現役引退のお知らせ | 鈴鹿ポイントゲッターズ

 

ホーム最終戦に,月成のご両親が来ていたので,少し覚悟はしていました。

でも,やっぱり発表されたときは,頭の中が真っ白になりました。

晩ご飯を食べても,紙粘土を食べているようでした。

なんか実感が沸かない・・・それほど長く苦楽を共にした選手でした。

 

カニシが月成のプレイを最初に見たのは,2016年の三重県社会人サッカー選手権の古川電工三重戦です。

もちろん,それ以前に練習には合流していたと思いますが,大学生の新卒の月成は,ちょっと合流が遅れていたと思います。なので,ナカニシはそれまで練習の月成を見ていません。

 

この試合で印象的だったのは,月成のキックの精度と,そのボールの弾道です。

真横からカットするように足を振ると,ホップするような独特の弾道の球が飛びました。

イチローバックホームのような高精度のキックを,後にナカニシは「レーザービーム」と例えました。

そして,そのキックだけでなく,ボールへの反応や,ディフェンスラインを後ろから支える足元の技術など,トータルで素晴らしいゴールキーパーでした。

f:id:miracle_fcsuzuka:20211202192241j:plain

同時期に鈴鹿に所属した,岡田明久選手と良いライバルでした。

岡田選手は,良くしゃべり,社交的で明るい感じでした。

月成は,ちょっと大人しくて,恥ずかしがり屋でした。

2人はバチバチのポジション争いをしていましたが,互いにゴールキーパーとしてリスペクトしあう関係になっていきました。

f:id:miracle_fcsuzuka:20211202192341j:plain

月成の鈴鹿での出場は,2016年からこれまでの6年間で,44試合です。

平均して1年間に約7試合。

この数字は,決して多くはありません。

月成は,ベンチにいることのほうが多かったゴールキーパーです。

 

ゴールキーパーというのは,試合中にほとんど交代しません。

そして,試合毎に交代することもほとんどなく,ポジションをコンバートすることもありません。

そんな中で,いつ来るか分からないチャンスのために,集中を切らさずに待つのは,とてつもなく強い気持ちが必要だと思います。

 

それでもサポーターは月成が大好きでした(もちろんナカニシも)。

なぜなら,みんな知っていたんです。

月成がベンチにいても,試合に出られなくても,強い気持ちを持ち続けていることを。

月成が試合に出る時のために,刃のように自分を研ぎ澄ましていることを・・・。

f:id:miracle_fcsuzuka:20211202192527j:plain

2016年。

鈴鹿は市原で最後の最後にヴィアティンに敗れてJFLに昇格できませんでした。

その最後の試合のゴールを守っていたのは,月成ではなく岡田明久選手でした。

 

2017年。

鈴鹿は全社を優勝し,地域CL1次ラウンドに進出しました。

1戦目2戦目共に,鈴鹿は敗れて決勝ラウンドに進むことはできませんでした。

その試合のゴールキーパーは,曵地裕哉選手でした。

そして,月成は決勝ラウンド進出の望みの絶たれた後の,3戦目に出場しました。

 

2018年。

この年の正ゴールキーパーも,前年同様,曵地選手でした。

一度,鈴鹿を退団した岡田明久選手がスタッフ?として戻ってきており,さらに高宮大輔選手が加入していました。

曵地,月成,高宮,岡田。

この4人が鈴鹿のゴールを「全員で」守っているようなゴールキーパー陣でした。

リーグ戦ではずっとベンチにいた月成が,地域CL1次ラウンドで突如スタメンで出場しました。当時の辛島監督の抜擢です。

なんとしても勝利せねばならない2戦目のアルティスタ浅間戦。

2対1の鈴鹿リードの試合終了間際,相手のヘディングシュートは月成の逆を突き,ゴールの中へ・・・しかし!

それを左手1本?指一本?でかき出したのが月成です。

その時のサポーターの絶叫は忘れられません。

(その瞬間,ナカニシは腰が抜けてスタンドのベンチに挟まってました)

ずっと出場機会が無く,試合勘を失った選手にこんなプレイができるか?

月成にはできた!

月成は「その時」のために自分を研ぎ澄ましていた!

ほんの少しのチャンス。それを月成が掴んだ瞬間でした。

 

地域CL1次ラウンドを守り切った月成は,決勝ラウンドでもゴールを守りました。

JFL昇格の勝利の瞬間。グラウンドでゴールを守っていたのは・・・月成大輝でした。

f:id:miracle_fcsuzuka:20211202192629j:plain

サポーターのところへ挨拶に来るとき,月成は曵地に肩を支えてもらっていました。

月成は涙が止まらず,ちゃんと歩けなかったからです。

サポーターから声が出ていました「月成,泣くなー。」

なかなか試合に出られなかった月成が,見事にゴールを守ってくれました。

 

2019,2020,2021シーズン。

ミラ監督はゴールキーパーを固定しなかったため,順番に出ている感じでした。

それぞれに特徴のあるゴールキーパー陣でしたが,キックに関しては月成の精度が一番だったと思います。

月成が出場すると,サポーターは凄いキックでカウンターが発動するに違いないと,ワクワクしていました。

みんな月成が大好きでした。

f:id:miracle_fcsuzuka:20211202192656j:plain

いろいろなことがありました。

辛いことも,苦しいことも,悔しいこともあったでしょう。

でも,月成は自分を磨き続けることを止めたことは,一度もありませんでした。

砂粒でピラミッドを作るように,毎日毎日練習しました。

いつでも試合に出られるように,良い準備を続けました。

 

怪我もしました。

怪我から復帰の練習試合の時は,満月でした。

満月の夜は,月成に良く似合いました。

カニシは満月を見たら,必ず月成のことを思い出します。

f:id:miracle_fcsuzuka:20211202192742j:plain

 

月成は今年で引退するそうです。

いつか覚えていませんが,月成が話していたのを聞いたことがあります。

「自分はどこへも行かない。鈴鹿で引退したい」

その言葉を聞いたときに,ナカニシは胸が苦しくてなりませんでした。

あかん。やっぱり悲しい。

 

「アレオレ鈴鹿の月成」

このチャントの通り,月成は,鈴鹿の月成でした。

 

月成がJFLに昇格させてくれたチームを,サポーターが守っていきます。

いつでも鈴鹿のスタンドに来てください。

君は僕たちのヒーローです。

 

月成の前途に幸多きことを祈ります。

 

ツキ!また会おうぜ!絶対な!