VictoryCross

鈴鹿ポイントゲッターズ(JFL)のサポーターブログです。

JFL第1節 対 ラインメール青森

みなさんこんばんは。

 

18時ごろ帰宅してから,YouTubeで試合を見ながらご飯を食べました。

それから,しばらくボーっとしていました。

ヘトヘトで体が動かなかったからです。

ボーっとしながら今日の試合の事を考えていました。

楽しっ!!!

 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 

試合の前夜から,気合があふれてきて眠れない。

布団のなかで,何度も寝返りを打つ。

気が付かないうちに寝落ちしてて,早朝に目が覚める。

 

応援の準備のため,早い時間に四日市の試合会場に入る。

会場ではすでにスタッフが忙しく動いている。

テントもキッチンカーも。

これが鈴鹿の試合の準備なのか?

なんて光景だ!Jリーグの試合みたいじゃないか!

 

でも・・・これだけの準備をして,本当にお客さんが来てくれるのか・・・。

いろいろな事を考えながら,黙々とノボリの準備を進める。

 

10時ころになるとサポーターの仲間たちが集まってきた。

その頃になると,人,人,人。

四日市のスタジアムの広場に人の海ができている。

凄い!何だこりゃ!

 

今日の対戦相手は,ラインメール青森(以下,青森と書きます)

昨年の対戦成績は2戦2勝だが,今年はJリーグに向けて補強を行い,監督も交代したらしい。

そして,よりによって鈴鹿JFL開幕戦でこの3年間,勝利したことが無い。

カニシの見た感じでも,これまでの開幕戦はミスが多く,自滅するような試合が多かった。

 

ノボリを掲出してからも,ナカニシはなんやかんや動いている。

横断幕はサポーターの仲間が張ってくれた。

試合開始直前にサポーターの場所に行く。

 

さあ,鈴鹿サポーター準備は良いか?

どれだけお客さんが入っても。

どれだけマスコミに取り上げられても。

選手たちが全力でサッカーをすることに変わりはない。

ならばサポーターがすることはひとつだ。

やったろうぜ!

f:id:miracle_fcsuzuka:20220314005023j:plain

いくぜ!

 

本日のスタメン(以後敬称略)

FW 11三浦知良・10橋本晃司

MF 33藤島樹騎也・8海口彦太・25前田柊・19三宅海斗

DF 7中里崇宏・6上田駿斗・3今井那生・15菊島卓

GK 1石井綾

 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 

試合開始

鈴鹿は4-3-3と言われていたけど,ナカニシは橋本(10)がトップ下の4-2-3-1だと思う。

それくらいサイドは押し込まれていた。

青森はたぶん4-4-2。

カニシのイメージでは,青森は3バックのイメージだったのだけど,監督が変わり少し戦術も変えているっぽい。

 

試合は青森のペースで始まる。

早い段階でロングボールをサイドに放り込んでくる青森。

丁寧につないで,丁寧にプレイしようとする鈴鹿

明らかに鈴鹿の出足が遅く,青森に先に先に動かれている。

 

サポーターの仲間が言った。

「なんか選手たち硬いですかね?」

硬い。ガチガチに硬い。

少しずつプレイが遅い。

 

センターバックの,「我武者羅100%」,今井那生(3)

何となく全体が硬いが,那生の声が鈴鹿を鼓舞している。

青森はロングボールを多用してくる。

それを前線の選手が競り合い,跳ね返りが短くなったところの二次攻撃を狙っている。

那生と言えば,前へ前へのディフェンスだった。

だけど,今シーズンは,またプレイの幅が広がった気がする。

もろちん,空中戦は抜群に強い那生だが,無理に競り合うのではなく,後に流してゴールキーパーと連携するプレイも見せている。

なんか那生自身が落ち着いた感じがする。

試合開始直後,鈴鹿はなるべくボールを触って落ち着きたい。

那生がディフェンスでボールを落ち着かせて,左右に展開している。

良いよ良いよ。

那生,今年もババーンと進化してやろうぜ!

f:id:miracle_fcsuzuka:20220314005203j:plain

 

前半の序盤,鈴鹿はやりたいことがやらせてもらえない。

ディフェンスの那生(3),上田(6)は,ヘディングの競り合いで負けていないが,前線に出すボールが全く高さで勝てない。

さらに,青森の球際が強く,混戦になると青森がボールを奪う場面が多い。

鈴鹿は2本目までパスがつながらない。

 

サイドバックの,中里崇宏(7)

本来ボランチの選手だが,サイドでゲームを組み立てるため,サイドバックに入っている。

ただ,青森もサイドが厚いので,中里から良いボールが前線に届かない。

また,中里自身のビルドアップも,青森のロングボールで下げられてしまい,良いところが出せない。

前方で藤島樹騎也(33)が欲しがっている。

ただ,そのボールも青森に迎撃されている。

中里,我慢だ。

f:id:miracle_fcsuzuka:20220314005816j:plain

 

試合はシンプルにロングボールを入れる青森ペース。

鈴鹿はボールを前に運ぶこともできない。

 

フォワードの,「名人」,橋本晃司(10)

キャプテンでベテランの橋本には,決して良くない試合の流れが見えていると思う。

中里(7)から藤島(33)への一本が入らないと分かると,藤島とポジションチェンジをして,自分が左サイドで起点となる動きをする。

さすが橋本。なんか変えようとしているのが分かる。

しかし,青森の球際は強く,激しく削られ痛める場面も。

ただ,橋本が左から中に入って行った瞬間が,チャンスになるのをナカニシは知ってる。

橋本がサイドからマークを外して中に入った時,その時を逃すな!

橋本頼むぞ!

f:id:miracle_fcsuzuka:20220314010023j:plain

 

鈴鹿はサイドを押し込まれているため,コーナーキックやサイドからのフリーキックを撃たれている。

コーナーキックのディフェンスの際に,カズ(11)が大きな声を出している。

良いコーチングだ。

流れが悪い時こそ,声を出して,仲間を鼓舞しよう。

 

ボランチの,前田柊(25)。

前田の移籍が決まった後,八戸の時のプレイを何度かネットで見た。

その時の印象は,スペースを埋めて,マークをしっかりして,球際の激しい,ディフェンシブなタイプだと思った。

だけど,ナカニシの最初の印象より,前田のプレイは幅が広いと思う。

この試合でも,サイドに大きく流れて左からクロスを上げたり,2列目から飛び出してシュートを放ったり,前半押し込まれていた鈴鹿の中でも,要所要所でしっかりと攻撃的なプレイをしていた。

しかし,鈴鹿の中盤は,青森と空中戦で上を行かれてしまい,ハイボールの処理に苦労する場面がある。

全力で体を寄せる前田。

しかし,そのこぼれ球も青森に拾われてしまう。

前田柊!地元四日市で良いところ魅せようぜ!

f:id:miracle_fcsuzuka:20220314005838j:plain

 

じりじりとした時間が過ぎる。

例年通り,今年も開幕戦の内容は良くない。

まずは前半を0で抑えたい。

後半は,ヤス監督が修正してくるはず。

 

ところが,なんと前半33分。

今井那生(3)への完全なアフターのファウル。

両足で両足を刈られる危険なファウル。

青森の選手に一発レッドカード。

那生は何とか大丈夫のようだが,試合を通して青森はラフなプレイが多かった。

 

11人対10人になったが,逆にシンプルにプレイする青森は,全く1人少ないことを感じさせない。

その後も,卓に右サイドからのロングボールで鈴鹿を揺さぶる。

 

センターフォワードの,「キングカズ」,三浦知良(11)

(このブログでキングカズの事を書くとは・・・)

ワントップ気味に張っているカズ。

トップに張りながらも,押されている場面では真っ先に相手のフリーキックを止めに来ている。

前半の流れの悪い時間帯に,周りの選手にも大きな声で指示している。

多くの観客が押し寄せ,絶対に勝たなくてはいけない開幕戦。緊張している選手もいただろう。

百戦錬磨のカズの言葉は,選手たちに自分たちのプレイを取り戻させたと思う。

そして,前半の終盤には,三宅海斗からのクロスに頭で合わせる。

やはり得点への嗅覚は鋭い。

練習試合や練習を見ていても,日一日と動きが良くなるカズ。

また,次の出場が楽しみだ!

カズ!がんばれ!

 

ゴールキーパーの,石井綾(1)

芝の状態があまり良くなく,バウンドが変わるピッチコンディション。

そんな中でも,石井が安定したプレイを見せている。

前半は押し込まれる場面が多く,石井も大忙し。

何度もゴールキーパーからのキックがあるのだが,前線につながらず青森に迎撃されている。

高さでは青森優位の中で,石井からの展開がその先に進まない。

さらに,速攻時に手で投げたボールですら,青森に潰されている。

石井,良いボールを前線に送ってくれ。

樹騎也(33)と海斗(19)が待ってるぞ!

石井,ガンバレ!

f:id:miracle_fcsuzuka:20220314005901j:plain

 

ここで前半終了。

 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 

カニシはいろいろやることが多く,サポーターエリアを離れる。

走りながら考える。

前半は良くない。

先の展開が見えてこない。

そのうえ,青森は昨年とは全然違うチームに見える。

シンプルにサイドを攻略し,さらに高さとスピードがある。

1人少ないチームが,逆に点を取るということはサッカーではよくあることだ。

強い。青森強い。

 

ただ,ヤス監督は何らかの手を打ってくるだろう。

どんな手を打つか?

山内のスピードか。

マークの高さか。

 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 

後半開始。

 

しかし。

後半2分。

橋本(10)がドリブルをしているところを後ろから引っ掛けられてファウル。

視野の広い橋本は,ファウルの際にも受け身を取るのだが,後ろからのファウルに苦悶の表情を見せる。

海口が×をベンチに示す。

 

なんと!チームの要。キャプテン橋本が負傷交代。

さらに,何となく怪我が重症っぽい。

なんてことだ!

 

後半3分

(OUT)10橋本晃司 ⇔ (IN)21山内健史

 

山内がスクランブル発進。

橋本大丈夫か?

 

鈴鹿は4-4-2にフォーメーションを変更。

山内(21),樹騎也(33),海斗(19)のスビートのある3人が前線に並ぶ。

 

前半同様。青森のラフなプレイが鈴鹿の選手を削っている。

そんなアフターなファウルは勘弁してくれ。

 

後半の序盤から,鈴鹿がボールを保持し始めた。

やはり,1人少ない青森には少しスペースができている。

 

そこで動いたのは・・・

ボランチ,「疾走する若武者」,海口彦太(8)

この試合の後半から,鈴鹿に一気に流れが傾いた。

そのスイッチを押したのは海口だと思う。

後半の序盤から,野獣のようなどん欲なプレイを見せる海口。

大人しい優等生じゃない。戦う男の顔をしている。

今シーズンの海口は,さらに進化した海口になるとナカニシは確信している。

その海口が動く。

動きのキレが凄まじい。

ポジションを上げ,前線に影響力を出す。

一気に来た!

海口!いったれ!結果出すぞ!

f:id:miracle_fcsuzuka:20220314011458j:plain

 

サイドハーフの,「ラインブレイカー」,藤島樹騎也(33)

鈴鹿に最後に登録された樹騎也。

練習生としてサポーターは何度もプレイを見ている。

誰もが言った「あの練習生が欲しい」

そして,今,天才,樹騎也は鈴鹿のユニフォームを着ている。

前半は青森に徹底的にマークされ,2人のディフェンスに潰されていた。

しかし,後半に入り,前方では山内,中で海口,後方の中里のリズムが良くなり,樹騎也が前に前に出始めた。

そのプレイは触れば切れる刃のようで,青森のディフェンスラインを切りきざむ。

踊るようなステップから,中に鋭くパスを出す。

最後の最後で合わないが,とにかく樹騎也のチャンスメイクは際立っている。

見事!樹騎也。鈴鹿に来てくれてありがとう。

f:id:miracle_fcsuzuka:20220314011520j:plain

 

鈴鹿ボールの展開だが,青森のサイド攻撃も続いている。

前がかりになった瞬間の,カウンター一発も怖い。

 

センターバックの,「双頭の龍」,上田駿斗(6)

若いけど落ち着いていて,テクニシャンな上田が,しっかりとディフェンスを整えている。

上田に雑な所は無い。一手を確実に差す将棋の棋士のように,上田のプレイにブレは無い。

後半からは,左サイドバックの中里が,鈴鹿の攻撃時に中に絞って中盤に入るため,青森の攻撃を直撃で受けることはなく,カバーリングをキッチリしている上田。

そして,セットプレイ時は,点を取る気満々で上がっていく。

上田駿斗。

最高のシーズンにしようぜ!

f:id:miracle_fcsuzuka:20220314011544j:plain

 

後半19分

(OUT)11三浦知良 ⇔ (IN)17中村健人

 

カズから健人にキャプテンマークが渡る。

さあ,このまま終わるわけにはいかんぞ!

 

海口が存在感を発揮し,中盤を支配している。

健人!その中盤を得点に結びつけろ!

 

後半の給水タイム。

カズが交代したことにより,会場を離れるお客さんが見える。

しかし,思っていたより帰らずに見ていてくれている。

そうそう。

鈴鹿のサッカーはここからだよ。ホントに。

 

そして・・・

後半25分。

右サイドで基点ができる鈴鹿

海口(8),健人(17),山内(21),菊島(15)。

一騎当千のつわものが,ボールを奪い,そこからのゴールを狙う。

山内がススッと流れて,フリーになる。

一瞬マークが遅れる。

山内にはその一瞬で十分!

山内の超超高精度のクロスボールが中に入る。

青森ディフェンスの間に飛び込んできたのは,海斗!猫が大好き三宅海斗(19)!

鋭いボールに頭で合わせる!

ドンピシャ!

ゴーーーーーーール!!!1-0!

 

最高のゴールが今シーズンのファーストゴール!

オラーーーーー!

ナイスヘッド海斗!

f:id:miracle_fcsuzuka:20220314011634j:plain

先制した鈴鹿だが,ここから締めて行かなくては意味が無い。

得点のすぐ後の失点と言うのはよくあること。

 

しかし,リスタート後の青森の鋭いカウンターに那生(3)がしっかり対応している。

落ち着いている那生。

大人になった那生。

 

そして,鈴鹿は攻勢をかける。

 

サイドハーフ,今シーズンの初ゴールを決めた三宅海斗(19)

後半の終盤,疲れてくる時間帯にどんどんプレイが切れてくる海斗。

サイドでボールを持って,ちょいちょいして相手を誘う動きをする。

とても楽しそうにサッサカーをしている海斗。

中盤に入った仲良しの健人(17)からのパスも良い感じ出ている。

そして,山内(21)や,海口(8),菊島(15)との連携がみるみる上がってきていて,パスの交換がスムーズになってきた。

乗っている海斗。

これは凄い。

この試合で海斗のファンになった方。それは正解です。

 

中里が中に絞って,疑似中盤を作るため,中盤の人数が足りている。

そのため,海口が自由に動けるので,セカンドボールを奪いまくっている。

さらに,前の山内が青森ディフェンスを押し下げるので,バイタルエリアが空いてくることがある。

そこに入って来る健人(17)。

カットインから右足でシュートを打つ藤島樹騎也(33)。

楽しい。

なんと楽しいサッカーだ。

 

しかし。

後半30分。

なんと前田柊(25)も怪我で痛めて交代。

なんと!せっかくいいリズムだったのに。

 

後半31分

(OUT)25前田柊 ⇔ (IN)37キムテウ

(OUT)33藤島樹騎也 ⇔ (IN)29坂本広大

 

キムがセンターバック,中里(7)がボランチに入り,上田(13)が左サイドバックに。

 

青森も選手を交代して,前線を厚くする。

鈴鹿のディフェンスラインが変わってすぐ,ちょっとバラバラっとしたタイミングで,裏を取られる。

鈴鹿のディフェンスが重なっているところを,斜めに走られた!

ヤバイ!

 

果敢に飛び出したのは,ゴールキーパーの石井綾!

相手の超至近距離のシュートを体全体で止める。

そのまま激突。

 

すでに鈴鹿は交代枠を使い切っているため,石井が怪我をしても交代ができない。

大丈夫か?石井!

ヒヤッとしたが,何とか大丈夫そう。

それにしても勇敢なプレイだった。

ナイス。ゴールキーパー

 

交代で入ったキムテウ(13)。

昨年,全く試合に出られなかった。

今年にかける思いは熱い事だろう。

 

入ってすぐに,バタバタっとしたが,その後は得意の空中戦で飛びまくっている。

前半,鈴鹿が苦しめられた青森の高さに,さらに高く飛ぶキム。

バック側からもキムの体が飛びぬけて高く飛び出すのが良く見える。

さらに,フィジカルが鬼なので,空中での競り合いにも強く,ヘディングがロングパスぐらい飛ぶ。

キムのヘッドで,一気に最前線の山内まで届いたりする。

キム!がんばれ!

チャンスを掴め!

 

ヤス監督が大声を出している。

「ここからだぞ」

「ここからだぞ」

 

前線で動きまくる,「ワンダーボーイ」,山内健史(21)

この試合の終盤,鈴鹿の攻撃の際には必ず山内が絡んでいた。

縦に抜けるスピードだけでなく,抜け方が上手い。

山内が切れ込んで,ボールに絡んで,その後ろからは,活きの良い海口が飛び込んでくる。

試合終盤,右を突破した山内が,中に折り返して上田のシュートがあるが惜しくも決まらず。

今シーズンの山内に期待大!

 

鈴鹿の前線が生き生きしている。

見ていて楽しい。

先制のゴールを挙げた三宅海斗(19)がシザースで相手を翻弄し,左足でシュートを放つ!

惜しくもゴールならないが,海斗のプレイはとにかく楽しい。

 

鈴鹿は少し前掛となっているが,奪われてからのカウンターを海口がきっちり潰すので,安心して前線が動いている。

 

サイドバックの,「菊島ロケット」,菊島卓(15)

昨年のMVP。VictoryCross大賞の受賞者。

その菊島が後半グイグイ来ている。

右から侵入して右足のミドルシュートを放つ。惜しい!でも威力抜群。

鈴鹿は右から中心に攻めているので,菊島ロケットも何発も撃ち込まれている。

そして・・・

 

後半AT。

カウンターから三宅海斗(19)が右サイドを深く切り裂く。

中に折り返すが,中村健人(17)はスルー。

その後ろを回ってきているのは,菊島卓(15)!

青森のマークがずれている。

一瞬だが,菊島が狙う瞬間があった。

左足でコントロールミドルシュート

おっしゃ!

ゴーーーーーーール!!!2-0!

 

吠える菊島ーーーーー!

ナイスゴール。さすが!

f:id:miracle_fcsuzuka:20220314011733j:plain

 

アディショナルタイムは9分と表示が出ていたけど,どうも6分の間違いだったらしい。

 

鈴鹿はキッチリ締めて試合を終わらせる。

 

ここで試合終了。

 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 

両チームの選手のみなさん,スタッフのみなさんお疲れさまでした。

特に,チームスタッフのみなさんには,この試合のために連日遅くまで準備をされていたと思います。

鈴鹿ポイントゲッターズと言うチームが,初めてこれだけのお客さんをさばいたのですから,反省点が無いわけがありません。

ただ,反省点,改善点も含めて,今後につながる開幕戦だったと思います。

これからさらに大変な試合運営もあろうかと思いますが,みなさまお体に気を付けて頑張ってください。

カニシも,関係者のみなさんに,いろいろとご無礼ご迷惑をおかけしました。

自分自身も反省し,また次の試合に向けて頑張りたいと思います。

 

この試合には4,620人の方がご来場いただきました。

ご来場いただいたみなさん,ありがとうございました。

ドンドン人が入って来るのは,なんか不思議な光景でした。

自分の知っている鈴鹿の試合が本当にこれ?そんな感じでした。

それと同時に,勝たなくてはならないプレッシャーがずっしり重く感じました。

良かった。本当に勝って良かった。

 

これまでずっと思っていました。

たくさんの観客の中で,選手たちにプレイさせてあげたい。

確かにカズさんの効果がほとんどだと思いますが,それでも選手たちのプレイを沢山の人に見てもらえました。

カニシがノボリを片付けに行く時,三宅海斗と,菊島卓のノボリの前で写真を撮っている方が何人かいました。

今日のこの試合を見て,三宅海斗と,菊島卓が押し選手になってくれれば,とても嬉しいです。

 

さて,ナカニシが勝手に選ぶ,今日のVictoryCross賞です。

今シーズン初得点,そして2点目のほぼアシスト。

2得点に絡んだ,猫大好き三宅海斗選手(19)に送りたいと思います。

三宅選手。見事でした。

次の試合もよろしくお願いします。

 

たくさんの方たちの中で,たくさんの人とお会いしましたが,ちゃんと話ができませんでした。

何かと忙しかったので,ずっと走り回っていました。

ご無礼してしまった方もいると思います。申し訳ないことをしてしまいました。

すみませんでした。

 

差し入れもいただきました。

カニシは昨夜からほぼ何も食べていなかったので,身に沁みました。

美味しくいただきました。

ありがとうございました。

 

最後の選手挨拶で,観客が前になだれ込んだのは大きな改善点です。

そして,ナカニシは選手と一緒にバンザイできなくて,ちょっと寂しかったです。

 

バンザイできなくて,寂しいみなさん。

そして,2年間のコロナの声出し禁止のため,鈴鹿の勝利の歌からのバンザイを知らない選手たちに,参考資料です。

20191117 鈴鹿アンリミテッド 試合後 - YouTube

早くこんな感じの締めができると良いですね。

 

今,体が痛くて仕方がありません。

足はさっきからピンピン痙攣しています。

反省点が頭の中から離れません。

次はどうしたらいいのか考えてしまいます。

 

だけど勝ちました。

良かった。

 

みなさん,ありがとうございました。

 

ではまた。

 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 

(今後の試合)

JFL第2節 3月20日(日)13:00 対 FCマルヤス岡崎@港サッカー場

JFL第3節 3月27日(日)13:00 対 クリアソン新宿@三交鈴鹿

JFL第4節 4月3日(日)13:00 対 東京武蔵野ユナイテッド@武蔵野陸上競技場

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 

このブログに使用している写真は,鈴鹿ポイントゲッターズの使用許可とJFLの確認を得て掲載しています。そのため,他での利用は絶対にしないでください。