VictoryCross

鈴鹿ポイントゲッターズ(JFL)のサポーターブログです。

開幕戦の感想

みなさんこんばんは。

 

青森戦で怪我した選手は大丈夫ですか?

サッカーに怪我はつきものとはいえ,それでも怪我が重大でないことを祈ります。

しっかり治して,グラウンドに戻って来てください。

 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 

さて,今日のブログは開幕戦について書ききれなかったことを,つらつらと書きます。

 

何度も申しますが,開幕戦は今までの鈴鹿とは違う異世界のようでした。

見たこと無いような大観衆。

開場2時間前には長蛇の列。

全てのキッチンカーには大行列。

タオルマフラー売り切れ。

100人近い報道陣。

・・・全て初めての経験でした。

 

昔からずっと思っていました。

うちの素晴らしい選手たちを,たくさんの人に見て欲しい。

我らの誇りこの街の夢。今ここにあるサッカーチームを見て欲しい。

こんな素晴らしい試合がここで行われてるんだよ!

 

たくさんの人が試合を見に来てくれました。

三浦知良選手がお目当てだとしても,たくさんの人が選手たちを見てくれました。

たくさんの人が・・・。

カニシは(本当に)とても嬉しいのですが,選手との距離が遠くなって,ちょっと寂しいのも正直な気持ちです。

f:id:miracle_fcsuzuka:20220315223733j:plain

 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 

今回対戦したラインメール青森には,昨年まで鈴鹿で戦っていた平墳迅選手が所属しています。

試合後に,平墳選手の横断幕を掲げましたが,見えていましたか?

開幕戦では,後半の一番危ない場面で絶妙なパスを出したのが,平墳選手です(GK石井が激突する直前のパス)。あの崩しは見事でした。

平墳選手。声が出せず,コールできなくてすみませんでした。

またアウェイで対戦することを楽しみにしています。

新天地で頑張ってください。そして大活躍を祈っています。

 

また,開幕戦には,たくさんの懐かしい面々が来てくれていました。

(引退した選手もいますが,敬称は「選手」で統一します)

鈴鹿のレジェンド。榊親平選手。

鈴鹿の初代得点王。中村豪選手。

レーザービーム。月成大輝選手。

ミラ監督を支えたキャプテン。川里光太郎選手。

鈴鹿に初めて来た三浦一族。三浦俊太郎選手。

 

川里選手と俊太郎選手は,ナカニシは見つけることができませんでした。

(他のサポーターが見つけたらしい)

マジ会いたかった!

もっと網を張って捕獲すべきだった!

でも,みんな元気そうで何よりです。

 

サッカーが人と人とを繋いでくれますね。

こうやって,試合会場に来てくれるのも,とても嬉しいです。

みんな,ガンバレ!

 

開幕戦では,たくさん方が声をかけてくれました。

「ナカニシさん,ブログ見てます」と言ってくださった方も見えました。

選手の親御さんにもお会いしました。

 

カニシがバタバタしていて,きちんと挨拶もできず,大変失礼をしてしまいました。

また,お会いする機会がありましたら,ぜひ声をかけてください。

その時には,ナカニシの選手モノマネの最新作,「選手が整列してサポーターに挨拶をする時の橋本晃司」をお見せします。

 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 

いろいろ大変な開幕戦でした。

いろいろな変化がありました。

改善点も,反省点も,修正点もたくさんあります。

だけど,Jリーグを目指すチームになっていくような,前向きな感じがしました。

 

とは言っても。

選手と共に戦うサポーターの根っこの部分は一切変わっていません。

カニシは,いつだって選手と共にありたいと思っています。

 

最後に。

 

カニシは勝利の後に,選手と一緒にバンザイをやりたい!

 

だから次の試合も必ず勝つ!

 

ではまた。

 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 

(今後の試合)

JFL第2節 3月20日(日)13:00 対 FCマルヤス岡崎@港サッカー場

JFL第3節 3月27日(日)13:00 対 クリアソン新宿@三交鈴鹿

JFL第4節 4月3日(日)13:00 対 東京武蔵野ユナイテッド@武蔵野陸上競技場