VictoryCross

鈴鹿ポイントゲッターズ(JFL)のサポーターブログです。

月曜日のナカニシ

みなさんこんばんは。

 

サッカーは約90分間で行われます。

75分間が良い内容でも,何の意味もありません。

90分が経過した時点で,点がたくさん入っているほうが称えられる勝者です。

 

サッカーの怖さというのは,今まで散々体験しました。

良い試合,悪い試合,勝利した試合,敗北した試合,負けられない試合。

カニシはたくさんの試合を応援してきましたが,全ての試合に共通していることがあります。

それは,選手は全力で頑張っていたということです。

 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 

日曜の夜は,どうしてもブログに書く言葉が見つからず,ちょっと落ち着こうと思って早く寝ました。

正直なところ,心中はかなり荒れていました。

 

鈴鹿には今シーズンから三浦知良選手が加入しました。

注目度が増し,観客が激増し,スポンサーが増え,選手とサポーターの間はセキュリティで距離ができました。

何となくJリーグのようになりました。

で?

それで?

ちょっと注目されただけで,自分たちが強いチームと勘違いしてるんじゃないか?

昨年4位だし,観客動員さえ満たせば,楽勝で昇格できると思ってたんじゃないか?

まさか,カズ効果で自分たちが上手くなった気でいるんじゃないか?

 

悪いけど,鈴鹿は弱い。

攻撃も守備も全くダメ。

リーグ戦を9試合やって4失点が3試合。

JFLに昇格してから間違いなく今が一番弱い。

間違いなく。

 

そして弱いくせに,強いチームのようなサッカーをしようとしているんじゃないか?

ちょこまか上手そうにパスまわして,勝負せずにミス。

だらっだら逃げのバックパスして,奪われて失点。

今シーズン何度も何度も似たようなシーンを見ました。

 

・・・・・・・・・

 

さて,ボロクソに書きましたが,昨日試合に負けたのは選手だけではありません。

監督も負けました。

スタッフも負けました。

カニシも負けました。

サポーターも負けました。

みんな負けました。

共に戦うということは,そう言うことだと思います。

だから,みんなで一丸となって,立ち上がりたいと思っています。

 

負けた試合を取り返すには,千の言葉を連ねても無駄です。

選手のできる事は,次の試合に勝つこと,唯一それだけです。

サポーターのできる事は,選手に元気が出るような応援をすること,唯一それだけです。

 

今,ナカニシが一番気になっているのは,選手たちの事です。

ちょっと負けただけで,下を向いてウジウジ凹んでいる選手は怖くありません。

なにくそ!コノヤロー!見返してやるぞ!

悔しさをバネにして,さらにパワーを出す選手が相手にとって怖い選手です。

北野,樹騎也,中里,橋本,彦太,俊貴,キム,池末,力哉,石井,那生,菊島,誠司,鶴田,山内,有真,マーク,安藤,日根野,和馬,侑人,阿波加,紀藤,純輝,翔太,カズ,広大,平出,駿斗,健人,三宅,柊,そして和田篤紀。

君たちは下を向いているのか?

俺たちは弱いのか?

 

いいや。

俺たちはこんなもんじゃない。

誰が信じなくてもナカニシは信じてる。

 

出てない選手は,今がチャンスだ,思いっきりポジションを奪え。

出てる選手は,まだまだ足りない,自分をもう一度磨きなおせ。

監督コーチ,目を見開いて全選手のプレイをもう一度よく見てくれ。

 

鈴鹿一丸

それは仲良しチームを作るという意味ではありません。

徹底的に戦う集団が同じベクトルを向くということだと思います。

 

大丈夫。大丈夫。

カニシは灰になるまで,必ず選手と共にあります。

 

覚悟はいいか?

オレはできてる。

 

下向くなバカヤロー

次だ!次!次勝つぞ!

 

ではまた。

 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 

(今後の試合)

JFL第11節 6月12日(日)13:00 対 高知ユナイテッド@三交スポーツの杜

JFL第3節 6月15日(水)19:00 対 クリアソン新宿@三交スポーツの杜

JFL第12節 6月19日(日)13:00 対 FC大阪@花園第1グラウンド

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-