VictoryCross

鈴鹿ポイントゲッターズ(JFL)のサポーターブログです。

原広樹の前途が太陽のように明るいものであることを願う

みなさんこんばんは。

 

原 広樹選手 現役引退のお知らせ | 鈴鹿ポイントゲッターズ

 

ハーラーヒーロキー(→)。ハーラーヒーロキー(→)

ハーラーヒーロキー(⤴)。ハーラーヒーロキー(⤵)

()は語尾の調子です。

 

広樹の個人チャントを何度歌ったか分かりません。

めちゃくちゃ歌いました。

泣きながら歌ったことも、笑いながら歌ったこともあります。

とてもシンプルなチャントですが、力の入るこのチャントが,ナカニシは好きでした。

 

コロナ禍の2年間。広樹のチャントを一度も歌っていません。

それがとても心残りに思います。

広樹は「サポーターの声が聞こえている」、「応援がパワーになっている」、特にそう感じられる選手でした。

引退は寂しいです。

カニシの心の中から、ひとつピースが無くなった気がします。

 

いつの日か、鈴鹿Jリーグ加入が決まったら、その夜にナカニシは一人でこっそり広樹のチャントを歌います。絶対に。

 

 

 

広樹は2016シーズンに鈴鹿に来ました。

神奈川県出身で、サッカーエリートで、背番号7番でした。

三重県人のナカニシは、なんか、カッコいい都会風の若者かと思っていました。

 

ところが、ナカニシは初めて広樹を見た時の記憶がありません。

ごめん。広樹。

正直に言うと、目立つ選手ではありませんでした。

もっと正直に言うと、広樹は地味な選手でした。

 

しかし,チームに合流した当時は、地味で目立たなかった選手が、鈴鹿のサポーターの心をつかみ、みんなから愛されるのに、それほど時間はかかりませんでした。

本当に、みんな広樹のことが大好きでした。

f:id:miracle_fcsuzuka:20211203223956j:plain

ごくまれに左もやりましたが、右サイドバックでのプレイがほとんどです。

その右サイドバックは歴代の名選手が多く、毎年毎年ポジション争いが激しく行われていました。

 

2016年。

8年間右サイトバックのスタメンを確保していた、村田雅則選手とポジジョンを争いました。

2017年

柏レイソルなど、バリバリのJリーグ経験のある、藏川洋平選手とポジジョンを争いました。

2018年

ザスパクサツ群馬から途中加入した筋肉の弾丸、中村俊貴選手とポジジョンを争いました。

2019年.

レノファ山口から途中加入した高精度クロス、田中貴大選手とポジジョンを争いました。

2020年

ヴィアティンからきた中盤もできる万能型サイドバック、蓮沼翔太選手とポジジョンを争いました。

2021年

三浦監督の下でコンバートされた菊島ロケット、菊島卓選手とポジションを争いました。

 

広樹がポジジョンを争った選手は、みんな強敵ばかりです。

そのなかで、小澤宏一監督、藏川洋平監督代行、ミラ監督、三浦泰年監督の4監督の全てが広樹を起用しました。

広樹は、6年間で70試合に出場しました。

点を取ったのは、2017年の1点だけです。

だけど、アシストは数えきれないほどしました。

雨の松阪で伊勢志摩と対戦した時の、藤沢ネット選手の頭に合わせたクロスボールは見事でした。

 

「広樹のいる限り右サイドは通さん!」

と、ナカニシは試合中に何度も言ってました。

広樹のプレイはナカニシの自慢の一つでした。

右サイドに侵入した相手に対し、激し過ぎるくらい熱いプレイをする選手でした。

たま~に、ファウルになりましたが、ファウルを恐れず自分を信じて戦う選手でした。

普段の広樹の「ほんわか」した雰囲気と全く別人の、鬼神のプレイでした。

地味?いやいや,プレイする広樹は全然地味ではありませんでした。

カニシは,そんな広樹のプレイが大好きでした。

f:id:miracle_fcsuzuka:20211203224124j:plain

2018年。真夏の藤枝市役所戦でレッドカードをもらいました。

倒された広樹が、報復?で相手を蹴ったとジャッジに判断されました。

そのあと、試合は大変なピンチになりましたが、何とか勝利しました。

広樹は退場したので、選手や監督からはめちゃくちゃ怒られたと思います。

サポーターと広樹は,健やかなるときも、病めるときも、イエローの時も,レッドの時も,ずっと共に歩んできました。

 

そして,2016年に昇格できなかった悔しさを,2018年にきっちり晴らしました。

f:id:miracle_fcsuzuka:20211203224111j:plain

見事!原広樹!

 

体はそれほど大きくありません。

どちらかというと細いほうです。

でも、全身の全てを使ってプレイする姿は、オーラが立ち上るほど迫力がありました。

 

試合以外では、児童施設で働いていました。

そして、その子たちが、よく試合の応援に来てくれていました。

「はらさーん。はらさーん。はらさーん。」

スタンドの最前列で、子どもたちが広樹を一生懸命応援していました。

鬼神のようなプレイをしていた広樹ですが、普段は本当に優しい良いお兄ちゃんのような感じでした。

子どもたちに凄く慕われているのが分かりました。

そりゃそうです。サポーターの自慢の広樹ですから。

 

広樹の横断幕は、その職場の方が作ってくれました。

鈴鹿の選手横断幕は、チームカラーの青と緑をベースにすることが多いのですが、広樹の横断幕は黄色です。黄色の横断幕は鈴鹿で唯一です。

その横断幕は、太陽のようで、ヒマワリのようで、とても広樹に似合っている横断幕だと思いました。

 

2017年にJFL昇格を逃した後のファン感謝デーで、広樹の職場の方が、広樹のお別れ会で横断幕を使いたいとおっしゃったので、返却しました。

カニシはお別れ会と聞いて、「広樹が退団か・・・」と,寂しく思っていました。

ところが!翌年も広樹の元気な姿がありました。

翌シーズンの初めに、広樹の職場の方が、「今年もお願いします」とニコニコしながら、横断幕を再び預けてくれました。

 

今シーズンの11月27日のいわき戦で、 12試合ぶりにベンチに入りました。

カニシはとても嫌な予感がしていました。

広樹は引退するんじゃないか?

後半45分に出る準備をしていました。

やめてくれ。出ないでくれ。まだ一緒にサッカーしよう。Jリーグに一緒に行こう。

広樹がアディショナルタイムに出場した時・・・。ナカニシの頭はもう真っ白になっていました。あああ・・・。

広樹が出場したアディショナルタイムの3分間。

Nカメラマンはずっと広樹だけを撮影していました。

f:id:miracle_fcsuzuka:20211203224524j:plain

試合に出られない日も多かったです。

公式戦の時に駐車場係もしていました。

入場口でチケットの確認をしていました。

2017年のシーズンオフには、生命保険会社主催のフットサル大会にも出てました。

試合だけじゃなく、チーム自体を支えてくれていました。

 

それほどたくさん語る選手ではありません。

プレイで語る選手です。

だから、私たちサポーターに、たくさんプレイで語りかけてくれました。

広樹はいつも、真剣で、勝利への執念をプレイの中で語ってくれていました。

そして・・・

6年も共にサッカーしてるのに、サポーターの応援には,いつも照れたような顔をしてました。

 

広樹。

広樹との出会いに感謝します。

いつでも鈴鹿サポーターは君を待っています。

君はずっと鈴鹿サポーターのヒーローです。

 

また会おう!

親御さんと嫁さんと子どもを大事にな。

広樹の前途が,太陽のように明るいものであることを祈ります。